FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハプニングバー体験

書きかけのまま行方不明だった日記の続きが見つかりましたので続きを載せます。
良かったら読んでみてください(^_^;)

横浜に着いて、ハプニングバーに向かいます。
エレベーターを降りて、ドアの横のインターホンを押し、後ろを見ると彼女がいません。

ドアが開いて受付の女性が顔を出した頃、下りのエレベーターから彼女が降りてきました。
どうやらエレベーターを降り損ねたらしいのです。
一体なにがどうなったらエレベーターを降り損ねられるのかwww
全く不思議ですが彼女はそういう(略)

リビングに入ってみると、女性が2人と男性が4人ソファーで談笑しています。俺たちは皆さんに軽く挨拶をしてからロッカーに向かい、着替えを済ませてからリビングへ。

本当はそのままシャワーを浴びようと思ったのですが、先客の女性2人がシャワーを使っていたので順番待ちでソファーに座ることにしました。

ソファーの端に座ると、彼女はビールを飲みながら、周りの雰囲気を眺めています。
常連だという単独男性が俺たちに話しかけてきたので、彼女が広島から来たこと。
ハプニングバーが初体験だということ。
そして、一番大事な「今日は見学だ」ということを伝えておきました。

暫く4人ほどで色々話をしてからシャワーが空いたので、2人でバスルームへ。シャワーを掛け合いながらスキンシップ。ソープの泡で優しくお互いの身体を洗い合いながら、気持ちを高めて行きます。

綺麗になった身体をバスタオルで拭いてあげてまたリビングに戻ります。2人いた女性の1人が帰っていて、新しい女性が1人増えていました。

結構女性が来るンやね・・・彼女が呟いたのでこの店は案外女性が多いんだよ(^^)なんて説明をして、気持ちを和らげてあげたりして。

少し落ち着いたようなので、プレイルームを見に行く事にしてリビングを出ます。廊下を歩いていくと、ドアが2つ。片方のドアを開けて中を見せてみると、彼女はすっかり興味津々で色々聞いてきます。

その一つ一つに応えながら、もう1つの部屋のドアを開けて、中を見せてあげて。どちらの部屋が気に入ったかを聞いてみると、最初に見せた部屋の方だというのでもう一度最初の部屋に戻ってからドアを閉めます。

ドアを閉めると、他の人は入ってこられなくなるんだよ。と伝えると、少し安心した様子で、部屋の真ん中にある大きなベッドに転がる彼女(^^)

俺はその隣に添い寝して、腕枕をしてあげて。
近付いた彼女のおでこに軽くキスしながら遠くから来てくれてありがとうね♪と囁きました。

テーマ : 痴女・M男責め動画ローズリップ
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

おすすめサイト
代表的な神待ち掲示板


詳細はコチラ


詳細はコチラ

▼神待ち体験談
記事一覧
最新コメント
月別アーカイブ
関連サイト


BBS7.COM
MENURNDNEXT


QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。